Yak shaving logs


My life is just yak shaving.

【2018年1月】起業後に早めに銀行口座が欲しい時は信用金庫がおすすめ

2018/02/02 #起業 #法人口座

By Yusuke Takita


こんにちは。Kajitz inc.の瀧田です。

今年の1/11日にKajitz inc.を設立しました。
ありがたいことに1月からWebの新規サービスをつくる仕事を受託で受けています。

1月分の請求書の振込先を個人口座にすることもできるのですが、
個人と法人のお金をきちんと分けておきたいなと思い、
近くのさわやか信用金庫で法人口座を開設しました。

ネット銀行は審査が落ちやすい

ネット銀行は審査が通りやすいと思っていたのですが、
知人やネットで調べるとネット銀行は審査が通りにくいことが分かりました。

ネットバンク審査全滅!?会社の法人口座開設にめちゃくちゃ苦労した話【2017年9月】が直近の話でとても参考になりました。

この間ランチした方は創業1年後でもジャパンネット銀行の審査落ちたわ、
とおっしゃっており、むむむとなりました。

かくいう私もジャパンネット銀行に口座開設を申込みをしましたが、
書類到着メールをもらって2日後にお祈りメールをいただきました。
これはまた別の機会に書きます。

そして起業後にも優しそうな信用金庫にした

さわやか信用金庫(開設済み)、ゆうちょ(審査中)、ジャパンネット銀行(落ちた)に
口座開設を申込みを行い、信用金庫は4営業日後に口座を開設してくれました。

利益がでるわけでもない口座開設等の手続きに時間をとられるのもあほらしいので、
誰かの参考になればなと思い必要な書類や手続のフローを簡単にまとめておきます。

1. 窓口に出向き口座開設(Day1)

窓口で法人口座を解説したい、と伝えるだけです。
必要そうな書類は全て持参しましたが、必要だったのは以下の書類のみです。

  • 法人の履歴事項全部証明書(原本)
  • 本人確認書類(運転免許証)

登記簿と本人確認書類のコピーをとってもらい書類を返してもらいます。
「営業担当が実態確認で事務所にお伺いします」とのことで、
連絡先をお伝えしました。

法人口座開設 信用金庫編で予習しておいたのでびっくりしませんでしたが、
知らなければ「家庭訪問!」と驚いていたと思います。

9時過ぎにさわやか信用金庫に行った後、お昼過ぎに営業担当の方から電話がかかってきて、
実態確認をするスケジュールの調整をしました。
念のため電話で「どの程度お時間がかかりますか」と聞いたところ、「事務所を見せていただき、質問するだけなので10分程度です」とのことでした。

2. 実態確認(Day2)

以下のような質問を受けました。

  • 事業内容
  • 社名の由来
  • 口座の利用目的
  • 資本金について

資本金について聞かれたのは、111万にしていたために興味関心で聞かれたと思います。
10分程度で質問等が終わったところで、請求書を出したいので早めに口座を作りたい旨を伝えると、
ちょっと急ぎますねという感じで「今日中に書類を(上司に?)あげますね」とさわやかに対応いただきました。
そして、「たぶん大丈夫だと思いますが、審査結果は夕方にご連絡します、とのことで帰られました。

夕方連絡が来て、「口座開設にあたって書類の記載をお願いします」とのことで翌日手続きすることにしまいsた。

3. 口座開設申込み(Day3)

2,3枚の紙に会社や個人情報を記載して終了です。
社判(住所、社名、肩書、名前)がなかったので、全部手書きしました。
書き損じると書き直しでだいぶつらいので、あらかじめ社判を買っておけばよかったと思いました。

明日の昼には通帳ができるので、14時くらいに来てくださいとのことでした。

4. 通帳をもらう(Day4)

14時過ぎにさわやか信用金庫に行って、通帳をもらって帰りました。

こんな感じで法人口座をつくりました。

ネット銀行もないと不便なので、発行した請求書やもらった請求書を少しためてから、
ネット銀行に再度口座申請してみようと思います。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

categories


最新記事


tags