Yak shaving logs


My life is just yak shaving.

Audacityを利用してm4aの音声ファイルをwavに変換する

2019/08/07 #speech-to-text #audacity

By Yusuke Takita


こんにちは。Takitaです。

Audacityを利用してm4aの音声ファイルをwavに変換する

GoogleのCloud Speech-to-Textを利用する際にm4aがサポートされてないため、手動でwavファイルに変換してみたので手順をまとめておきます。

ドキュメント: Cloud Speech-to-Text - 音声認識  |  Cloud Speech-to-Text  |  Google Cloud

$ gem -v google-cloud-speech
2.7.6.2

Audacityのインストール

Mac | Audacity ®
Image from Gyazo

Image from Gyazo

dmgからインストールします。

Audacityのライブラリをインストール

m4aをAudacityで読み込むにはFFmpeg libraryをインストールする必要があります。

Image from Gyazo

Lame and FFmpeg libraries for Audacity - Free and Safe downloads - DO NOT CLICK GREEN DOWNLOAD BUTTONS

すでにAudacityを起動している場合は再起動すればライブラリが読み込まれるはずです。
読み込まれない場合は、メニュー > 環境設定 > ライブラリから設定を確認してください。

m4aからWAVに変換する

ファイル > 開く > hoge.m4a を選択します。
sample_rate_hertzに合わせて周波数を変更します。
今回は以下のオプションを利用しているので、44100に合わせます。

  CONFIG = {
    language_code: 'ja-JP',
    sample_rate_hertz: 44100,
    encoding: 'LINEAR16',
    enable_word_time_offsets: true
  }.freeze

最後に ファイル > 書き出し > WAV として書き出し からWAV形式で書き出します。
これでm4aをWAVに変換して文字起こしが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

categories


最新記事


tags