Yak shaving logs


My life is just yak shaving.

AWS Command Line(awscli)のインストールとセットアップ

2017/08/25 #aws #awscli

By Yusuke Takita


こんにちは。Takitaです。

PCを新調して再度awscliのセットアップをしたので手順をまとめてみました。

awscliのインストール

brewを使っている場合は以下のコマンドでawscliをインストールします。

$ brew install awscli
$ aws --version
aws-cli/1.11.138 Python/2.7.10 Darwin/16.7.0 botocore/1.6.5

macOS, linuxは以下のドキュメントを参照してください。。

http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/installing.html#install-bundle-other-os
http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/awscli-install-linux.html

環境設定

デフォルト設定

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: xxxxx
AWS Secret Access Key [None]: xxxxx
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: (None = json)

ユーザーやサービスごとに設定を分ける場合

$ aws configure --profile xxxxx(ぼくはサービス名にしてます)
AWS Access Key ID [None]: xxxxx
AWS Secret Access Key [None]: xxxxx
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: (None = json)

AWS公式 AWS CLI の設定 > 構成設定と優先順位

動作確認

S3のバケット一覧を表示してみます。

$ aws s3 ls --profile xxxxx
2016-04-20 17:36:58 hoge
2016-01-05 16:01:31 fuga

デフォルトの設定をしている場合は、 --profile を指定しなくてもOKです。

$ aws s3 ls
2016-04-20 17:36:58 hoge
2016-01-05 16:01:31 fuga
このエントリーをはてなブックマークに追加

categories


最新記事


tags