Yak shaving logs


My life is just yak shaving.

Datadogで外形URL監視をする方法

2019/04/04 #監視 #Datadog

By Yusuke Takita


こんにちは。Takitaです。

Datadogを試験的に導入をはじめたので外形URL監視(サービスの死活監視)を設定してみました。
公式のドキュメントだけだと設定方法に分かりにくい部分があったのでブログに残しておきます。

大まかな手順としては以下のとおりです。
なお、サーバーはAmazonLinuxを利用しています。

  1. 監視の設定(datadog-agentnの設定変更)
  2. 通知の設定

監視の設定

  $ sudo mv /etc/datadog-agent/conf.d/http_check.d/conf.yaml.example /etc/datadog-agent/conf.d/http_check.d/conf.yaml
  $ sudo vim /etc/datadog-agent/conf.d/http_check.d/conf.yaml

  # パラメータは以下で確認してください
  # https://docs.datadoghq.com/ja/guides/services_checks/#instances

通知の設定

Monitors > Network から設定を行います。

Image from Gyazo

監視の設定 で設定したnameがセレクトボックス内に表示されるのでそれを選択します。
Set Conditionはそれぞれ3回にして3回連続で成功or失敗したら通知するようにしました。

Image from Gyazo

参考

サービスチェック機能の設定方法 (イベントの送信)

このエントリーをはてなブックマークに追加

categories


最新記事


tags