Yak shaving logs


My life is just yak shaving.

Railsで使用するRubyのバージョンアップ手順 (ローカル / 本番環境)

2017/05/25 #開発環境 #ruby #rails

By Yusuke Takita


こんにちは。Kajitz inc.の瀧田です。

ruby2.1.2からruby2.3.4にバージョンを上げるための手順を記載します。
基本的に他のバージョンでも行う手順は同じです。

ここで説明する手順は rbenvruby を管理していることが前提になっています。
もし rbenv で管理していない場合は、 様々なメリットを享受できますので、 rbenv で管理するようにしてください。

環境

# ローカル
macOS Sierra 10.12.4

# staging / production
ubuntu

ローカル

2.3.4 をinstallする

rbenv install 2.3.4

2.3.4 がない場合 ( ruby-build: definition not found: 2.3.4 )

brew update && brew upgrade ruby-build

2.3.4 になっているか確認する

cd #{アプリのディレクトリ}
ruby -v

上記手順で2.3.4になっていない場合( rbenv: version 2.3.4 is not installed と出る場合)

rbenvを以下の手順で最新に変更し、rbenvを再度インストールする

cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
git pull
cd #{アプリのディレクトリ}
rbenv install 2.3.4

バージョンファイルを確認

cat .ruby-version をして 2.3.4 が表示されるか確認

bundle をinstallする

gem install bundler

  • bundlerruby のバージョンごとに管理されているため、新しいバージョンのRubyを入れたら bundler のinstallも必要です

gem を更新する

bundle install --path vendor/bundle

Staging / Production

Ubuntu

2.3.4 をinstallする

sudo apt-get update
cd /home/ubuntu/.rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd -
rbenv install 2.3.4

2.3.4 をセットする

rbenv version -> 2.1.2 になっているはず
rbenv global 2.3.4
rbenv version -> 2.3.4 が表示されればOK

bundle をinstallする

gem install bundler

Linux(AWS Linux) ※ 追記しました at 2019/1/29

sudo yum update
cd .rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd -

2.3.4 をinstallする

sudo apt-get update
cd /home/ubuntu/.rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd -
rbenv install 2.3.4

2.3.4 をセットする

rbenv version -> 2.1.2 になっているはず
rbenv global 2.3.4
rbenv version -> 2.3.4 が表示されればOK

bundle をinstallする

gem install bundler

このエントリーをはてなブックマークに追加

categories


最新記事


tags